一期一会

gan-Japanese

霊芝による大腸がんの予防

2017629日、広島大学の学者たちは≪Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry≫という雑誌にある研究報告を発表しました。霊芝の中に含まれているトリテルペノイド類と霊芝多糖は大腸がんを予防できると、過去の様々な研究で判明されてきましたが、どの様なメカニズムで効果が発揮されるのか、今回の研究で詳しい説明がありました。

文/許嘉玲   中文版/請連結

閱讀全文...

霊芝で認知症を予防する

脳の中では、たくさんの神経細胞がネットワークを組み、膨大な情報を伝えながら働いています。その情報を伝えるのが「神経伝達物質」と呼ばれる一群です。アセチルコリンは、数ある神経伝達物質の中で、最も重要な物質の一つです。アルツハイマー型認知症の人が亡くなった後、脳を解剖して調べたところ、「アセチルコリンの活性が低い」ことが判明されました。従って、アルツハイマー型認知症の臨床上の症状は、脳内のアセチルコリンの活性が低くなることで起きるのではないか、という仮説が立てられました。

文/許嘉玲  中文版/請連結

閱讀全文...

健康な人こそ注目して欲しい「霊芝の力」

「健康な人が霊芝を飲んでも効果はありますか?」こうした疑問を感じる人は大勢いると思います。そもそも、健康な人に霊芝を飲む必要があるのでしょうか?この疑問を解消する為に、一つ霊芝に関する新しい研究を紹介します。

文/許嘉玲   中文版/請連結

閱讀全文...

霊芝多糖はドーパミン性ニューロンを護り、パーキンソン病を予防する

人の脳は、筋肉を動かす為にドーパミンという神経伝導物質が必要です。ドーパミンを産生する「ドーパミン性ニューロン」が大量に退化、もしくは死亡した場合、ドーパミンが不足し、『手足が無意識に震えるパーキンソン病』を引き起こします。従って、ドーパミン性ニューロンは、パーキンソン病を防ぐ為の最も重要な物質となります。

文/許嘉玲   中文版/請連結

閱讀全文...

伴侶動物と霊芝

ペットフード協会は2015年の犬と猫の飼育実態調査の結果を公表し、推計で犬が約991万7000匹、猫が約987万4000匹になったと明らかにしました。市場規模が1兆4000億円といわれる現在は、空前の“ペットブーム”です。犬や猫などのペットは現在の飼い主にとって「愛玩動物」ではなく、生活上大事な「伴侶」になっています。

文/許嘉玲

閱讀全文...

霊芝と認知症:霊芝がアルツハイマー病の概念を覆す

アルツハイマー病が近年注目された理由として; 2000年から2010年にアメリカで発表された統計によると、医療の進歩により過去の致死率の高い病気: 癌や心血管疾患などの死亡率がこの十年で30%減ったのに対し、アルツハイマー病による死亡率が40%増えたことで、アルツハイマー病は人類の将来の死因の重要な指標になると考えられたからです。

文/許嘉玲       中文版/請連結

閱讀全文...

PM2.5の救世主―霊芝

2016年4月の<American Journal of Chinese Medicine>に、世界初のPM2.5と霊芝に関する論文が台湾の学者によって発表されました。この数年間、PM2.5は誰もがよく知っている恐ろしい存在になり、PM2.5に関与する疾病は癌を始め、心血管疾患やアレルギー、認知症、肥満そして新生児の早産まで、PM2.5が関与していると言われています。

文/許嘉玲  中文版/請連結

閱讀全文...

霊芝と癌治療

「疲労と倦怠感(Fatigue)」は癌患者を最も困らせる症状の一つであるにもかかわらず、この症状の深刻さはあまり重要視されていません。癌もしくは癌治療による疲労と倦怠感は「癌因性の疲労」と呼ばれています。この疲労と倦怠感は主観的な感覚で、身体的疲労もあれば、精神的疲労もあります。精神的疲労は休むことや睡眠で改善することは難しく、日常生活にも支障を来たします。

文/許嘉玲   中文版/請連結

閱讀全文...

現代食生活のトラブル~お酒好き必読!! アルコールから肝臓と脳を護る方法

多量飲酒は肝臓にだけではなく、脳まで悪影響を及ぼすことをご存知ですか?アルコールは中枢神経を制抑し、反射神経を鈍くします。集中力や判断力の低下にも繋がるので、飲酒運転が絶対ダメというのはこの理由です。長時間の飲酒は記憶力や学習能力認知能力も下げると言われています。しかし、毎日少量の飲酒は心血管に有効に働くという研究結果もありますが、果たして毎日の飲酒は本当に健康に有害なのでしょうか?

文/許嘉玲  中文版/請連結

閱讀全文...

霊芝多糖体と糖尿病

糖尿病が脳や心血管、神経や腎臓などに影響を及ぼすことはよく知られることです。しかし、糖尿病の影響はこれだけではなく、高血糖や糖尿病による肥満は肝臓疾患を引き起こす重大な危険因子の一つになります。

文/許嘉玲     中文版/請連結

閱讀全文...